石田・松原研究室

京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 石田・松原研究室は,インターネットを核とした世界規模のコラボレーションの実現を目指しています.この枠組みを実現するための研究課題は2つあります.

「コラボレーション基盤の世界展開」では,人工知能やヒューマンインタフェースを基礎に研究を進めます.インターネット上のクラウドサービスと私たちが住む物理世界とのインタラクションを実現するために,サービスコンピューティング,Internet of Things (IoT)の最新技術課題に取り組みます.

「ネットワーク経済のデザイン」では,人工知能やゲーム理論に基礎を置きます.ひと・もの・サービスが連結されるネットワークにおけるインセンティブ設計を実現するために,情報技術と経済学を組み合わせた視点に基づいて,クラウドソーシング,オークション,ゲーミフィケーションの最新技術課題に取り組んでいます.

これまでに,コミュニティウェア,デジタルシティ京都,言語グリッドなどのプロジェクトを通して,新しいコンセプトを世界に発信し続けています.また,京都大学デザインスクールで中心的な役割を担っています.同時に,欧米やアジアの研究者と連携しながら,実際にシステムを構築しユーザに提供するなど,グローバルに研究活動を推進しています.


お知らせ

過去のお知らせはこちら

更新情報

  • 2016年4月06日
    メンバーページを更新しました.
  • 2015年9月30日
    メンバーページを更新しました.
  • 2015年4月6日
    メンバーページを更新しました.