魅力ある大学院教育イニシアティブ 社会との協創による情報システムデザイン
トップページ > 戦略的コミュニケーションセミナー 2006
トップページ
お知らせ
フィールド情報学セミナー
2005 2006
戦略的コミュニケーション
セミナー
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(企画型)
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(提案公募型)
2005 2006
複数アドバイザ制の
社会展開・国際展開
2005 2006
滞在型研修の支援
2005 2006
最終報告書
専攻基礎科目の
オンライン化
町家教育拠点
推進メンバー

社会情報学専攻

戦略的コミュニケーションセミナー 2006

募集は終了しました

戦略的コミュニケーションセミナーのお知らせ

  1. 概要

    情報システムの開発が中国, インドにシフトする一方で, 日本社会の高度化のためには, フィールドとの協創による情報システムのデザイン手法の確立が必要です. フィールド重視のIT研究開発には, 高度のコミュニケーション能力が要求されています. 本セミナーは, 以下に示す英語コースと日本語コースから構成されます.

  2. 英語コース

    英語コースでは, プレゼンテーション, インタビューからネゴシエーション, ディベートに至るまでの, コミュニケーションノウハウを集中的に教育します. TOEFL500点以上の方が受講対象です. 語学の知識はあるが話せないという方に最適のコースです. 本コースは, ベルリッツ(http://www.berlitz.co.jp/)の持つ豊富なビジネス向けコンテンツを12〜13回(1回2コマ)に濃縮し, 国際的コミュニケーション能力の強化という直接的な目的だけでなく, 大学院生が国際的に活躍するために英語のトレーニングを続けるモティベーションを与えることを目的としています. 教育はベルリッツの講師が行います.

  3. 日本語コース

    日本語セミナーでは, 聞く, 話すから, プレゼンテーション, ディベート, ファシリテートなどコミュニケーションノウハウを集中的に教育します. 技術力はあるが社会に出た後のコミュニケーション能力に不安のある方にぴったりのコースです. 本セミナーは, (財)NHK放送研修センター(http://www.nhk-cti.jp/)が, 豊富なコンテンツを12〜13回(1回2コマ)に濃縮し, エグゼクティブ・アナウンサーが講師を担当します.

  4. 単位

    戦略的コミュニケーションセミナーは, 英語コースあるいは日本語コースを履修することによって, 通年2単位(増加単位) が与えられます. 以下のスケジュールで進められます.
     5月 募集
     6月 受講者の決定
     7〜9月 セミナーの実施
    少人数クラス(15名以下)で実施しますので, 応募者多数の場合には選抜が行われます.

 
お問い合わせは お問い合わせ先 まで。