魅力ある大学院教育イニシアティブ 社会との協創による情報システムデザイン
トップページ > 協創型リーダシップ養成プログラム(企画型)2006
トップページ
お知らせ
フィールド情報学セミナー
2005 2006
戦略的コミュニケーション
セミナー
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(企画型)
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(提案公募型)
2005 2006
複数アドバイザ制の
社会展開・国際展開
2005 2006
滞在型研修の支援
2005 2006
最終報告書
専攻基礎科目の
オンライン化
町家教育拠点
推進メンバー

社会情報学専攻

協創型リーダシップ養成プログラム(企画型)
2006

企画一覧

  • 第6回インクルーシブデザインWS
    募集は終了しました

    • 日時: 2006年8月24日〜8月25日
    • 申込締切: 2006年8月16日(水)
    • 募集・実施概要(Word文書)
  • Web-GISによる情報発信と地域活性化に関する実践学習
    募集は終了しました

    • 日時: 2006年9月1日〜9月8日
    • 申込締切: 2006年8月11日(金)
    • 募集・実施概要(Word文書)

協創型リーダシップ養成ファンド(企画型) 採択結果

  • デジタルコンテンツとウェブ・コンピューティング分野における日中連携人材育成プログラム

    • 実施責任者

      田中 克己(社会情報学専攻)

    • 概要

      本研究科大学院生のリーダーシップ養成を目的として, 中国の研究諸機関と連携し、著名な情報学研究者をパネル討論ならびに大学院生主導のポスターセッションに招聘する。これにより、情報システムデザインの研究に取り組む大学院生/若手研究者が研究に関するアドバイジングを受けるとともに、自ら主体的に発表の場を運営することによって、協創型リーダーシップの養成を行う。なお、本提案は、平成 17年度の本イニシアティブ経費によって実施した日中連携人材育成プログラムの 2回目にあたる。

    • 報告書

      PDF

  • デジタルコンテンツとウエブ・コンピューティング分野における日米連携人材育成プログラム

    • 実施責任者

      田中 克己 (社会情報学専攻)

  • 自律エージェントとマルチエージェントシステムに関する国際学生ワークショップ

    • 実施責任者

      石田 亨 (社会情報学専攻)

    • 概要

      主に大学院生が中心となって,エージェントに関する国際学生ワークショップ(International Student Workshop on Agents 2006)を企画・開催させ国際的なリーダーシップの養成を図る.本年5月に,エージェント分野のトップカンファレンスであるAAMAS06(Fifth International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems)が函館で開催されるので,この機を利用して,世界のトップクラスの博士課程学生に京都でのワークショップ参加を呼びかけ,また高名な研究者をアドバイザとして招聘する.エージェント分野で研究を行っている本研究科大学生と,世界のトップレベルの学生・研究者が一同に介し,研究発表・討論・情報交換を行うことによって,研究を志す本学学生に刺激を与える.

    • 報告書

      PDF

  • 魅力あるユビキタス町家プロジェクト:快適な住環境と情報技術の融合を目指したデザインを探る

    • 実施責任者

      田中 克己 (社会情報学専攻)

    • Wabiquitous Project http://wabiquitous.jp/

    • 概要

      この企画は,本研究科の大学院生のリーダーシップ養成を目的として,快適な住環境と情報技術の融合を目指したデザインを探るものである.「魅力あるユビキタス町家プロジェクト」(通称,「わびきたすプロジェクト」)としてユビキタス技術と空間デザインというテーマのもとに,町家という和の住環境を利用して討論会を実施したり,日本の文化に触れる機会を作ったり,講演会などを実施することにより,情報システムデザインの研究に関する若手研究者のリーダーシップ養成を行う.

    • 報告書

      PDF

  • eNTERFACE’06におけるエージェント指向インタフェースの共同開発プロジェクトの主催

    • 実施責任者

      西田 豊明 (知能情報学専攻)

    • 概要

      2006年7月17日〜8月11日にドブロブニック(クロアチア)で開催される長期協調型の国際ワークショップeNTERFACE'06に参加し,「An Agent Based Multicultural User Interface in a Customer Service Application」と題するプロジェクトの実施を支援する.このプロジェクトにおいて,知能情報専攻の博士課程学生がリーダーとなり,4 週間のワークショップ期間中に,3人のアドバイザ,5人の学生メンバーからなるプロジェクトを推進し,マルチモーダルインタフェースを用いた会話エージェントのアプリケーションを構築し,その成果を発表する.プロジェクトの企画,メンバーの連絡,統括,プロジェクトの管理,遂行を通して当該博士課程学生のリーダシップが養成されるとともに,参加学生の問題分析・ソリューション提案・実装・評価能力とプロジェクトへの積極参加を通した研究コミュニケーションスキルの養成の機会が提供される.さらに,この機会に培われた人間関係が将来の国際的な研究協力ネットワークに発展することが期待される.

    • 報告書

      PDF

  • インクルーシブ・システムデザイン実習

    • 実施責任者

      塩瀬 隆之 (システム科学専攻)

    • 概要

      本実習は,高齢者や障害のある人など特別なニーズを抱えるユーザを直接デザインプロセスへ包括するインクルーシブ・デザインワークショップ(以下,WS)の実践を通じて,参加者との相互学習から情報システムデザインに関する研究テーマを発掘できる人材の育成を目的としています.

      昨年度の実習では,受講生インタビューとフォローミーティングより,【判断】【説得】【把握】【調整】【自覚】といったリーダシップに必要なスキルがWS開催を通じて獲得できる可能性が示されました.本年度はさらに社学連携における協創的関係における,パートナユーザの深いニーズを積極的な情報交換と相互学習を通じて顕在化させる必要性に注目しました.そこで昨年度同実習のWSデザインをカリキュラムの50%に加え,カリキュラムの残り50%として新たにフォーカスグループのつくりかた,運用の仕方について受講生が実践を通じて学習します.本テーマを通じて,超高齢化社会の下,多様化するニーズをとらえた情報システムデザインのために必要なパートナとのコミュニケーション能力を養い,これを可能にする大学院生チームを引率するリーダシップの育成を目指します.

      募集・実施概要(Word文書)

    • 報告書

      PDF

  • Web-GIS による情報発信と地域活性化に関する実践学習

    • 実施責任者

      酒井 徹朗 (社会情報学専攻)

    • 概要

      本企画の目的は、地域活性化を目指したWebによる情報発信の実態について体験・分析し、情報が地域社会やそれを取り巻く他地域に対しどのような役割を果たしているのか、また今後果たし続けていけるのか、を考えさせるところにある。

      そこで特に精力的に活動をしている島根県の中山間地域研究センターおよびその周辺市町村での活動をとおして体験学習をおこなう。このセンターは中山間地域の住民を主人公とし、地域に関わる質の良い情報の発信、資源や環境問題への寄与、地域以外の都市住民との情報交換・交流など、積極的にWeb-GISを活用した『情報の循環』の取り組みをおこなっている。センターでの学習や実務補助、地域住民との交流や情報発信による地域活性化の実態把握などのフィールド調査、関係者との意見交換等をとおし、Webによる『情報の循環』の有効な仕組み立てや支援方法について検証し、体得する。

      なお、本企画は2006年9月1日〜8日に予定しており、詳細が決まり次第、参加者を本専攻以外の学生も対象に公募する。

      募集・実施概要(Word文書)

    • 報告書

      PDF

  • 病院ネットワークの不正アクセス検知と資産管理

    • 実施責任者

      竹村 匡正 (社会情報学専攻)

    • 概要

      医学部附属病院では、病院情報システムが整備されており、電子カルテシステムの利用等によって多くの情報がシステム上で扱われている。そのため、多くの情報端末が院内に配置されており、現在の京大病院では1200台のPCとその他のプリンタなどの周辺機器が設置されている。これらの運用がなされる中で、不正アクセスおよび資産管理が大きな問題となっている。また、このように病院の情報システム的な要求は医療情報部に多く寄せられ、これらの中には情報学研究科の学生レベルなら十分に技術的に応えられるものも多く存在する。しかし、技術的な解答が出せるかということと、実際のユーザに利用させるシステムの構築を行うことは別のコーディネート能力が必要である。

      今回は、これらの資産管理が可能なシステムの構築について、学生を中心に開発プロジェクトチームを立ち上げ、医療現場からのニーズの聞き取りおよび要求定義、開発チームのコーディネートを行うことで、実践的なシステム構築の教育機会を提供する。

    • 報告書

      PDF

  • 実践的応用力の獲得を目指したオブジェクト指向プログラミング講座

    • 実施責任者

      田中 克己 先生(社会情報学専攻)

    • 概要

      研究内容の実装のためにアプリケーションを作成するには、統合開発環境におけるオブジェクト指向プログラミングや GUIアプリケーション作成のスキルが必要である.しかし,研究室に配属された学生は、演習などを通して手続き型プログラミングの基礎を身につけているものの,アプリケーションを即座に実装するほどの技術を身に付いていないことが多い。そのため,これまでそのような能力不足を補うために研究の前準備として,各研究室において輪講などでプログラミング能力向上のためのサポートが行われてきたものと思われる。田中研究室ではこれまで過去 2 年間のプログラミング輪講によるノウハウがあるため、今回はそれを社会情報学専攻に公開する。そして本活動を企画・実行し,また大学院生自身が講師となって受講者にプログラミング技術を教えることにより、リーダーシップ及び、指導力を有する人材を養成すること目指す。

    • 報告書

      PDF

協創型リーダシップ養成ファンド(企画型)

募集は終了しました

本研究科大学院生(複数名以上)のリーダーシップ養成を目的とした,協創型の研究教育活動の企画を募集します.ここで協創型の研究教育活動とは,1)情報システムの利用現場(フィールド)との相互学習を通じた研究教育活動,2)国際的な相互主義に基づく情報システムデザインの研究教育活動,3)情報システムデザインに関するリーダーシップ養成を目的とした研究教育活動,のいずれかとします.活動の中で,学生のリーダーシップ養成が図られることが重要です.従いまして,教員が終始主導する研究活動や,研究室の見学旅行的なものは対象となりません.

 

 
お問い合わせは お問い合わせ先 まで。