魅力ある大学院教育イニシアティブ 社会との協創による情報システムデザイン
トップページ > 町家教育拠点 > 利用規定
トップページ
お知らせ
フィールド情報学セミナー
2005 2006
戦略的コミュニケーション
セミナー
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(企画型)
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(提案公募型)
2005 2006
複数アドバイザ制の
社会展開・国際展開
2005 2006
滞在型研修の支援
2005 2006
最終報告書
専攻基礎科目の
オンライン化
町家教育拠点
推進メンバー

社会情報学専攻

町家教育拠点

利用規定

  1. 町家教育拠点の目的について

    町家教育拠点は,情報システムデザインにおける大学と社会との相互学習による協創の進展に資するよう,情報学研究科における各専門分野の教育・研究活動と社会活動との相互連携を支援します.

  2. 町家教育拠点の利用について

    本施設は,情報システムデザインに関する講演ならびにミーティングに利用することができます.講演ならびにミーティングは運営委員および協賛委員のみが企画することができます.本施設での講演は「町家DEトーク」「町家DEケース」,ミーティングは「町家DEミーティング」と表現されます.「町家DEトーク」が通常の講演であることに対して,「町家DEケース」は情報システムデザインに関するフィールドでの知見を披露する講演です.「町家DEケース」の講演では,フィールドでの出来事をもとに参加者が追体験し,質疑応答などで集団的に学習します.さらに,その過程を書き起こしケースとして蓄積します.なお,「町家DEトーク」「町家DEケース」は,フィールド情報学セミナーの講演に登録申請可能です.申請が認められれば,魅力ある大学院教育イニシアティブから「町家DEトーク」の講演者には旅費が,「町家DEケース」の講演者には旅費と謝金が支給されます.(この範囲外でどうしても旅費や謝金が必要な場合は, までご相談ください.)ただし、「町家DEケース」の講演者はフィールド情報学セミナーのケースを書き起こし,公開することへの協力が要請されます.その他に,大学の教員,学生,産業界,行政,町の方々の交流の場である「町家DEサロン」が定期的に企画されます.

  3. 運営委員・協賛委員・施設管理委員

    運営委員は情報学研究科教員(連携,協力を含む)の希望者によって構成されます.それ以外に,自治体,企業,NPOの方々など,運営委員の紹介により協賛委員になることができます.協賛委員は,講演ならびにミーティングを企画することはできますが,運営委員の誰かが現場責任者として参加する必要があります.運営委員が企画者となった場合も,必ず講演ならびにミーティングに参加してください.運営委員・協賛委員を希望の方は, までご連絡ください.運営委員・協賛委員とは別に施設管理委員が鍵の管理をおこないます.

  4. 利用申込方法

    本施設の利用にあたっては、運営委員または協賛委員が事前にWEB予約システムで利用申込をおこなう必要があります.利用期間は,2006年4月10日から2007年2月23日までです.参加者数上限を20名とします.「町家DEケース」「町家DEトーク」「町家DEミーティング」はそれぞれ,6ヵ月,3ヵ月,2週間前から予約可能となっており,先着順で受け付けます.利用時間は9:00〜21:00で,1時間単位で予約可能です.宿泊はご遠慮ください.利用申込では,利用タイプ,イベント名,申込者(運営委員または協賛委員),現場責任者(運営委員),利用月日,利用時間,イベント概要,イベントスケジュール,参加申込方法,備品等の利用希望などを入力してください.その他に,参加者リストを事後に提出する必要があります.鍵の受け取りおよび返却は工学部10号館1F情報学研究科総務・教務掛を通じておこないます.(情報学研究科事務室の受付時間外でどうしても鍵の受け取りおよび返却の必要が生じた場合は, までご相談ください.施設管理委員が対応します.)講演ならびにミーティングの前後にすみやかにお願いします.利用時間が早朝,夜間におよぶ場合も,前日および翌日にすみやかにお願いします.なお,その場合の鍵の管理は運営委員でおこなってください.

  5. 利用可能備品について

    本施設2階の備品棚(鍵付き)に備品(備品リスト参照)を揃えています.各運営委員の責任のもと,利用申込で申請の上,ご利用ください.なお,利用の際は,備品管理チェック表への事前・事後の記入ならびに提出の必要があります.

  6. ご利用に際して

    火気厳禁です.ガス,灯油などの使用はご遠慮ください.施設内のすべてのスペースは禁煙です.調理はご遠慮ください.ただし,備え付けの電気ポット,お茶やコーヒーのセットは利用することができます.飲食の持ち込みの場合は,利用者が責任をもって廃棄物を回収し廃棄してください.利用後は清掃等現状復帰をお願いします.

  7. 駐車・駐輪スペースに関して

    駐車スペースはありません.駐輪スペースは7台で,門を入って通路に置く必要があります.道路上に置くことは禁止されています.置けない場合は「寺町臨時自転車駐車場」に置いてください.
    「寺町臨時自転車駐車場」
    〒604-0931 京都市中京区押小路通河原町西入る榎木町450番地の1
    Tel・Fax 075-251-0353

  8. 場所
    町家教育拠点
    〒604-0914 京都市中京区新烏丸通二条上ル橘柳町162番地
    (詳しくはアクセスを参照)

備品リスト

  1. プロジェクタ+スクリーン
  2. デジタルカメラ
  3. デジタルビデオカメラ
  4. デジタルムービーカメラ
    • デジタルムービーカメラ:SANYO / DMX-HD1
    • SDカード(2GB)×3
    • 三脚
  5. 収録機器(マイク+ミキサー+レコーダ)
  6. 音響機器(アンプ+スピーカ)
 
お問い合わせは お問い合わせ先 まで。