魅力ある大学院教育イニシアティブ 社会との協創による情報システムデザイン
トップページ > 複数アドバイザ制の社会展開・国際展開 2006
トップページ
お知らせ
フィールド情報学セミナー
2005 2006
戦略的コミュニケーション
セミナー
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(企画型)
2005 2006
協創型リーダシップ
養成プログラム(提案公募型)
2005 2006
複数アドバイザ制の
社会展開・国際展開
2005 2006
滞在型研修の支援
2005 2006
最終報告書
専攻基礎科目の
オンライン化
町家教育拠点
推進メンバー

社会情報学専攻

複数アドバイザ制の社会展開・国際展開

国際アドバイザ採択

  • 林 冬惠(社会情報ネットワーク講座 博士課程1年)
    アドバイザ:Professor SHENG Huanye
    所属:Department of Computer Science and Engineering, School of Electronic, Information and Electrical Engineering, Shanghai Jiao Tong University, China

  • 何 書勉(情報図書館学分野 博士課程3年)
    アドバイザ:Professor Shiqiang Yang
    所属:Institute of HCI and Media Integration, Department of Computer Science and Technology, Tsinghua University, China

複数アドバイザ制の社会展開・国際展開

  1. 目的

    社会情報学専攻では,修士,博士研究の指導体制として,指導教員の外に 2名のアドバイザをお願いしています.この複数アドバイザ制を維持しつつ, 第3のアドバイザ(フィールドアドバイザか国際アドバイザのいずれか)を依頼する 経費をサポートします.

  2. フィールドアドバイザ
    1. フィールドでのご指導を頂くアドバイザです.日本国内の方に限りますが,学歴研究実績は問いません.
    2. 指導教員の判断により,アドバイザ依頼を通常の日程で行い,教務補佐の小山助手( )と本イニシアティブコーディネータの久保田庸子( )に報告願います.その後は,通常のアドバイザのプロセスに従って,研究経過報告書を提出願います(修了要件となります).
    3. アドバイザ報告のための大学院生の出張旅費,アドバイザの来学のための出張旅費・滞在費・謝金を,一人あたり40,000円を上限に補助します.2週間前までに本人の氏名・所属講座・学年,アドバイザ氏名・所属,本年度の日程・旅費を( )に連絡ください.事務手続きは情報学研究科事務室が行います.
    4. 大学院生,アドバイザの出張は2006年5月〜2007年2月に実施ください.その後,2007年2月末までに出張報告書を当該大学院生から( )あて提出いただきます.
  3. 国際アドバイザ

    募集は終了しました

    1. 海外の専門家にアドバイザとして助言を頂きます.国際的に第一線で認知されている研究実績があり,実際に研究指導が可能な職位にある方に限ります.
    2. 5月31日までに,本人氏名・所属講座・学年,アドバイザ氏名・所属・略歴,アドバイザの必要性,これまでの経緯,本年度の日程・旅費を書面で申請ください.申請は,指導教員と大学院生が相談し,大学院生から本イニシアティブコーディネータの久保田庸子( )に送付ください.6月専攻会議に付議し採否を決定します.
    3. 採択された場合には,本年度のアドバイザ依頼を通常の日程で行い,教務補佐の小山先生( )に報告願います.その後は,通常のアドバイザのプロセスに従って,研究経過報告書を提出願います(修了要件となります).
    4. アドバイザ報告のための大学院生の出張旅費,アドバイザの来学のための出張旅費・滞在費・謝金を,一人あたり200,000円を上限に補助します.4週間前までに本人の氏名・所属講座・学年,アドバイザ氏名・所属,日程,目的を( )に連絡ください.事務手続きは情報学研究科事務室が行います.
    5. 大学院生,アドバイザの出張は2006年6月〜2007年2月に実施ください.その後,2007年2月末までに出張報告書を当該大学院生から( )あて提出いただきます.
  4. アドバイザ依頼書 pdf版 doc版

 
お問い合わせは お問い合わせ先 まで。